pecペックツアー -ペックツアーはあなたの旅創りをお手伝いします-


現地発着ツアー

サンフランシスコ オプショナルツアー

usa sfo cty

   

●オプショナルツアーのみの手配については1件につき¥3,000の手数料を申し受けます。

●悪天候等やむを得ない事由により、観光ポイントや旅行日程が変更となる場合があります

●すべてドル表示ですがご請求時の換算レートにて対応させていただきます

 ★航空券、ホテル、送迎等の手配も承ります。料金等の詳細についてはお問い合わせ下さい。

サンフランシスコ半日市内観光(午前)

主催:NOW

料 金   US$75.00

所要時間:約3.5時間(08:30-12:00)

日本語

催行曜日:

毎日(7/4、11/28、12/25、1/1除く)

最少催行:2名様

08:00頃 サンフランシスコ主要ホテルに集合(時間はホテルにより異なります)

 《観光予定》

   ツインピークス(下車)/ゴールデンゲートブリッジ(下車)/パレス・オブ・ファインアート(下車)/パシフィックハイツ(車窓)/ロンバード通り(車窓)/フィッシャマンズワーフ(下車)

12:00頃 サンフランシスコ主要ホテルに到着

usa sfo1

サンフランシスコ市内半日観光+アルカトラズ島半日観光

****************************************************************

 《ご注意》

●国立公園の規定によりアルカトラズ島行きのフェリーチケットはお日にちの近い予約より順番に処理されます。お客様によっては約1~2ヶ月間お待たせすることもありますので予めご了承ください

●アルカトラズ島の乗船券は全て買い取りとなりますので、お申し込みと同時にキャンセル料が発生いたします

 ●万が一チケットが取れ無かった場合のみご返金差し上げます
 ●ツアーキャンセル後におけるフェリーチケットのみの引き渡しは行っておりません
****************************************************************

主催:NOW

料 金   US$160.00

所要時間:約8時間(08:30-16:30)

日本語

催行曜日:

毎日(7/4、11/28、12/25、1/1除く)

 最少催行:2名様

08:00頃 サンフランシスコ主要ホテルに集合(時間はホテルにより異なります)

 《観光予定》

   ツインピークス(下車)/ゴールデンゲートブリッジ(下車)/パレス・オブ・ファインアート(下車)/パシフィックハイツ(車窓)/ロンバード通り(車窓)/フィッシャマンズワーフ(下車)

各自昼食

午後  アルカトラズ島行きのフェリーに乗船

    ~アルカトラズ島内では日本語の案内オーディオをヘッドフォンで聞きながら刑務所の中を見て回ります

 16:00  ピア33到着
 16:30  サンフランシスコ主要ホテルに到着
usa Alcatraz
【フィッシャーマンズワーフ】

ダンジネスクラブというこのカニを捕獲するため、1840年代にイタリア人漁師たちによって建設されたのが「漁師の波止場」、フィッシャーマンズワーフです。現在カニの絵がかかれた看板の付近には、レストランや屋台が集まり、新鮮なエビやカニ、名物のサワードウブレッドに入ったクラムチャウダーなどを求める観光客でにぎわっています。

【ロンバートストリート】

「世界一番曲がりくねった坂道」として知られるロンバードストリートは、ロシアンヒルの頂上に位置しておりハイドストリートとリーベンワースストリートの間、わずか1ブロックに約40度のヘアピンカーブが8つ。全長400メートルほど、道幅は車1台がやっと通れる狭さです。1920年代に、急斜面を車で上り下りできるようにと工夫を重ねて敷設されました。

【ゴールデンゲートブリッジ】

鮮やかな朱色が映えるつり橋、ゴールデンゲートブリッジは、観光地サンフランシスコのシンボル的存在で金門海峡に架かっていることからその名が付きました。市街地と北方対岸のマリン半島を結ぶ橋の全長は約2.7キロメートル。2本の主塔の間に渡したワイヤーによってつり上げる構造は橋梁建築士のジョセフ・シュトラウスが設計し、主塔間の長さ1280メートルは、1937年の完成以後四半世紀にわたり世界一を誇っています。

 

アルカトラズ島半日観光(早朝発)

****************************************************************

 《ご注意》

●国立公園の規定によりアルカトラズ島行きのフェリーチケットはお日にちの近い予約より順番に処理されます。お客様によっては約1~2ヶ月間お待たせすることもありますので予めご了承ください

●アルカトラズ島の乗船券は全て買い取りとなりますので、お申し込みと同時にキャンセル料が発生いたします

 ●万が一チケットが取れ無かった場合のみご返金差し上げます
 ●ツアーキャンセル後におけるフェリーチケットのみの引き渡しは行っておりません
****************************************************************

主催:NOW

料 金   US$85.00

所要時間:約4時間(07:30-11:30)

日本語

催行曜日:

毎日(7/4、11/28、12/25、1/1除く)

最少催行:2名様

07:30 サンフランシスコ主要ホテルに集合(時間はホテルにより異なります)

    ピア33よりアルカトラズ島行きのフェリーに乗船

     ~アルカトラズ島内では日本語の案内オーディオをヘッドフォンで聞きながら刑務所の中を見て回ります

 午前  アルカトラズ島滞在後 各自フェリーに乗船しピア33到着後解散
 《ご注意》
帰りの送迎はありません
各自フィッシャーマンズワーフなどをお楽しみ下さい
アルカトラズ島】

サンフランシスコ湾にぽっかり浮かぶ小島、アルカトラズ島は、その昔「ザ・ロック(岩)」と呼ばれた監獄島。1934年から1963年まで連邦刑務所として使用され、陸から2.4キロメートルという近距離にもかかわらず、速くて冷たい潮流のために脱出不可能の島でした。施設には独房や食堂が当時のままに残り、現在は国の歴史地区指定を受けて一般公開されています。

 

アルカトラズ島半日観光(午後)

****************************************************************

 《ご注意》

●国立公園の規定によりアルカトラズ島行きのフェリーチケットはお日にちの近い予約より順番に処理されます。お客様によっては約1~2ヶ月間お待たせすることもありますので予めご了承ください

●アルカトラズ島の乗船券は全て買い取りとなりますので、お申し込みと同時にキャンセル料が発生いたします

 ●万が一チケットが取れ無かった場合のみご返金差し上げます
 ●ツアーキャンセル後におけるフェリーチケットのみの引き渡しは行っておりません
****************************************************************

主催:NOW

料 金   US$85.00

所要時間:約4時間(12:00-16:00)

   日本語

催行曜日:

毎日(7/4、11/28、12/25、1/1除く)

最少催行:2名様

12:00 サンフランシスコ主要ホテルに集合(時間はホテルにより異なります)

    ピア33よりアルカトラズ島行きのフェリーに乗船

     ~アルカトラズ島内では日本語の案内オーディオをヘッフォンで聞きながら刑務所の中を見て回ります

 16:00  アルカトラズ島滞在後 各自フェリーに乗船しピア33到着後解散
 《ご注意》
帰りの送迎はありません
各自フィッシャーマンズワーフなどをお楽しみ下さい

モントレー・カーメル1日観光

主催:SF DREAM

料 金   US$220.00

所要時間:約10時間(08:30-18:30)

日本語

催行曜日:

月・水・金・土(7/4、11/28、12/25 除く)

 最少催行:2名様

8:30  サンフランシスコ主要ホテル出発(出発時間はホテルによって異なります)

  シリコンバレーやサンノゼを通りモントレーへ
  文豪スタインベックでお馴染みモントレー、キャナリー・ロウ観光

  ぺブルビーチで有名な17マイル・ドライブ観光

    カーメルへ カーメルでは散策やショッピングをお楽しみください

  各自昼食

15:00 サンフランシスコへ向けて出発

   ギルロイ・プレミアム・アウトレットにてショッピング(約45分)

18:30 サンフランシスコ主要ホテル到着

【モントレー】

モントレーは、サンフランシスコから200kmほど南下したカリフォルニア・コーストにあります。缶詰工場跡のショッピングセンターがある賑やかな通り、キャナリーロウの端は世界的に有名なモントレー水族館。モントレー半島に沿ってモントレーと魅力的なカーメルの町を結ぶ、牧歌的な17マイルドライブは人気で、有名なゴルフ場やアシカやオットセイが岩の上で日光浴をしている海岸線を曲がりくねって進むルートです。

 【カーメル】

サンフランシスコの南、約200kmの距離にあるモントレーは、20世紀初頭に栄えた漁師町。跡地に造られたモントレーベイ水族館やホエールウォッチングの拠点になっており、海洋観察に訪れる人も多い。一方、半島を挟んで南側に位置するカーメルは芸術家が好んで住む高級住宅地。町には信号や看板が少なく、道路標識やゴミ箱も木製のものを設置するなど雰囲気作りに配慮がなされている。

 

 

 


お問い合わせフォームへ


pagetop